上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ミヤビはこの出来事を

アヤに話すことにした。

アヤとは学校が違うから放課後いつもの

たまり場で会うことにした。
「ナオチャンがね、よくわかんないんだけど

金井さんって言う人のお姉さんとベルし合ってるんだよね!?

金井ハナって言うんだけど」


「・・・」

「・・・アヤ??どう思う?何でだと思う?」

えっ!!あぁ、ただの

ベル友なんじゃないの?深い意味はないと思うし。」


「そっかなAAAA」

「あんまり気にしない方がいいんじゃないの?」

「そうだよね。この間、一度疑っちゃったから何かあるんじゃないかとか

変な方にばっかり考えちゃうんだよ・・・」


「ミヤビらしくないじゃん。この間だって、結局なんでもなかったんだからさ~

もっと自信もって!!ねっ??」


「うん。ありがとう、いつもアヤには変な相談ばっかりで

ゴメンネ。また信じてみるよ。」


「そうだよ。ナオさんは大丈夫。ミヤビのことは

すっごいスキなんだから!!」


そう言ったアヤ!

親友ならここで言うべきだった。

そうして欲しかった。

後に大事件となるコトの発端をアヤはミヤビに隠し通そうとしていた。

誰のため?

ミヤビのためだったの?

それとも、ナオチャンのため?

同情だったの?

今になっても聞いてない。

あの時、必死にアヤが守り通したかった秘密。

なんでナオチャンの方に連絡したの?

FC2ブログランキング
スポンサーサイト

2007.12.31 Mon l 高校時代 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://goodjob1210.blog119.fc2.com/tb.php/100-a257e6cf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。