上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ミヤビはこんな大変なことになるなんて

思っても見なかったから・・・。

病院の外に出てから

リョウに言った。
「ミヤビのせいでこんなことになってしまって

ホントにごめんなさい。」


「大丈夫だよ。」

「ナオチャンは何だって?」

「オレの女に手を出したろって・・・」

「それで?リョウは手を出さなかったの?」

「オレが手を出す権利ないじゃん。」

「でもそんなのヤラレ損だよ。ミヤビとは一回、一緒に帰っただけなのに。

ちゃんと別れようとも言った。」


「ナオチャン?は納得してなかった感じだよ。

殴るときも小石を手に握り締めてたし。」


「ホントにごめん・・・。ごめんじゃ済まされないけど・・・。

ミヤビどうしていいかわかんないよ。」


そう言った時にはもうポロポロ涙がこぼれ落ちてた。

そんなミヤビにリョウは

「大丈夫だよ。来週から坊主だなァ」

そういってハニカンダ。


あ!そうだ。

ツーブロックになっていたリョウの髪は逆モヒカンにされてしまった・・・。

「真ん中ないけどあまりの毛を二つにしばれば?」

「それはいくらなんでもムリでしょ(笑)」


リョウが笑った。


ミヤビは苦しい気持ちになった。

FC2ブログランキング
スポンサーサイト

2008.02.12 Tue l 高校時代 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://goodjob1210.blog119.fc2.com/tb.php/130-cb85349c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。