上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
リョウはバイトで調理を担当していた。

料理は大の得意で火曜日の唯一バイトの休みのときに

よくスバゲッティやピラフを作ってくれた。

ミヤビの誕生日の当日。

「ミヤビ、オレ用事があって行って来るけど

1時間くらいで用事が済むから家で待ってて♪」


「うん!わかったよ。待ってるね♪」

どこに行くんだろう??

あえて聞かなかった。

聞いてケンカをするのも嫌だったし・・・

イイコを演じた。

リョウを怒らせないように・・・

リョウは怒るとベルはもちろんのこと電話にすら出ない。

そういう怒り方がミヤビには面倒と思わせた。

だからいつも機嫌を取る。

こんな恋愛がスキってことなのか

恋愛ってなんなのか?

疑問に思う。

でもリョウを失くしたらミヤビと一緒にいてくれる人はいない。

もう、ナオチャンとも連絡は取っていなかった。

ふとナオチャンを気にしてみたりした。

どうしてるかな??

でも連絡を取るなんて身勝手なコトはできなかった。


FC2ブログランキング
スポンサーサイト

2008.04.11 Fri l 高校時代 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://goodjob1210.blog119.fc2.com/tb.php/149-726c636d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。