上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
勝也と付き合い始めて半年が過ぎた頃

勝也の友達のわっクンから℡がきた。
「もしもし。わこだけど。ミヤビに伝えて欲しいって

勝也に頼まれて・・・」


「うん。何?どうした?」

「勝也さ。今、ミヤビのコトで悩んでてどうしていいか

わかんね~って。」


「何の悩み?直接、本人が掛けてくればいいのに。」

「だから、それができね~んじゃん。ミヤビあいつに

結婚する人に処女はあげるとか言ったんだろ?」


「言った。言った。だって、そう思ってるんだもん。」

「あいつも健康な17歳だぜ!そういう年頃なわけよ。

おまけにあいつは学年で1番か2番目にもてるんだよ。

それであいつの取り巻き達が中学生と付き合ってるらしいで

ロリコン呼ばわりされてるんだよ。それでミヤビとの

付き合いを考えちゃったらしく・・・まぁ、ミヤビには

なんの非もないんだけど、勝也のことは忘れてやってよ。」


「わかった。勝也にヨロシク言って。」


と、一言言うのが精一杯だった。

悔しかった。自分が何で今、中学生なんだろうって。

フザケンナ!

バカにして。

中学3年の9月。

ミヤビの恋が一方的に言われて終わった。

考え方も変わった。

FC2ブログランキング
スポンサーサイト

2007.10.20 Sat l 中学時代 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://goodjob1210.blog119.fc2.com/tb.php/40-1cb61de2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。