上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
なんだかんだで中学卒業の日を迎えた。

ミヤビは風邪がまだ良くなっていなく

泣いてる訳でもないのに、すごく泣いてると勘違い

されてた。
思い返すとあっと言う間だった3年間は

ミヤビの中では後悔することもあったし

これで良かったのかもと充実感に満たされている

ちょうど間の感じだった。

学年全体で最後に合唱した「ハレルヤ」は

途中で思い切り泣けた。

もう、ここには来る事ないんだと思った

ヒロシももちろん卒業式だったから、同じくらいの

時間に終わるコトになっていたから

アルバムを見せっこするのにヒロシの家へ。

中学の頃のアルバムは皆、一言ずつ

寄せ書きした。

ミヤビは女の子と男の子、半々くらいで

書いてもらったけど・・・

男の子からは「男の子とはよく考えろ!」とか

「男をたぶらかすな!!」

とか書いてあった(笑)

ヒロシはそれを見たけど・・・

何も言わずにど真ん中に

愛してるぜ!結婚しようぜ!!ヒロシ


と、書いた。

結婚なんて言葉を口にする男は初めて。

中学が違うと男はこんなに違うものなの??

疑問と感動の両方を味わった瞬間だった。

FC2ブログランキング
スポンサーサイト

2007.11.01 Thu l 中学時代 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://goodjob1210.blog119.fc2.com/tb.php/52-396bb9a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。