上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
アヤにベルを打つ。

「レンラクマッテルヨ」

「ハヤメニネ ミヤビ」


「OKデス アヤ」
日も少し伸びてきて

夕暮れ時にアヤは彼氏の順平と

犬の散歩をしながら見に行ってくれた。

夕方6時半。

プルルルルル・・・


慌てて受話器を取る。

「もしもし。」

「アヤだよ。さっきナオさん家、行ってきたよ。

何のことはない。普通にユースケさんと家で遊んでただけだったよ。」


「ホント?

マヂ良かった~。アヤ、ありがとう。ホントにありがとう。

安心した
。」

親友アヤの言葉に何の疑いも持たず安心しきっていた。

FC2ブログランキング
スポンサーサイト

2007.12.29 Sat l 高校時代 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://goodjob1210.blog119.fc2.com/tb.php/98-503ef78d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。